一人暮らしでもおトク?Looopでんきの料金を調べてみた!

一人暮らしでもおトク?Looopでんきの料金を調べてみた!

 

「基本料金ゼロ」「エコ」で人気のLooopでんき

 

ファミリーなどたくさん電気を使う人はおトクなのかもしれないけど、一人暮らしの自分に当てはまるのか、気になっている方もいるのではないでしょうか?

 

ここでは、電気の使用量の少ない一人暮らしの人が、Looopでんきに切り替えた際の料金について、地域電力会社の中から東京電力を例に解説していきます。

 

  • Looopでんきと地域の電力会社(東京電力)の料金体系を比較!
  •  

  • 切り替えておトク?一人暮らしの人の電気代をシミュレーション!

 

是非、読み進めてくださいね!

 

 

Looopでんきと地域の電力会社(東京電力)の料金体系を比較!

 

まず、Looopでんきと東京電力の料金体系を比較してみます。

他の地域電力会社(北海道電力、東北電力、中部電力、北陸電力、関西電力、中国電力、四国電力、九州電力)も、「基本料金+従量制料金」という基本的な料金体系は同じです。

 

「基本料金」の比較

東京電力の基本料金は、アンペア数の大小によって異なり、契約する電力が大きいほど高くなります。

 

一方、Looopでんきは、アンペア数に関わらず無料になっています。

 

以下、並べて比較すると一目瞭然ですね。

 
 

単位 Looopでんき(円) 東京電力(円)  
10A 1契約 0 280.80  
15A 0 421.20  
20A 0 561.60  
30A 0 842.40  
40A 0 1123.20  
50A 0 1404.00  
60A 0 1684.80  

 

「電力量料金」の比較

 

電力量料金とは、使った電力の量によって決まる、いわゆる「従量制」の料金です。

 

東京電力では、比例的に料金が増えるのではなく、使う電力によって「単価」自身が上がります。

 

また、単価は電力量によって3段階になっています。

 

一方、Looopでんきでは、どれだけ使っても「単価」は一定。つまり、使った電気の分だけ比例的に料金がかかります。

 

Looopでんきの料金体系は分かりやすいのが特徴です。

単位 Looopでんき 東京電力
  単価(円)   単価(円)
第1段階

1kWh

26.00 120kWhまで 19.52
第2段階 26.00 120kWh超え300kWhまで 26.00
第3段階 26.00 300kWh超え 30.02

 

 

切り替えておトク?一人暮らしの人の電気代をシミュレーション!

 

一人暮らしの方は、契約電力(アンペア)も少なく、利用する電気の量も少ないのが一般的ですよね。

 

だから、今までどおり、地域電力のままでも、そんなに電気代が掛かっていない方も多いのではないでしょうか?

 

  • 本当に安くなるのか?
  • 安くなるなら、実際どれだけや安くなるのか?

 

を、典型的なモデルを例に、以下シミュレーションしていきます!

 

モデルケースでのシミュレーション

 

モデル1【契約容量30A・月間の電気使用量200kwh】


■東京電力
基本料金 :842.40円
電力量料金
1段:2342.4円(120kwh*19.52円)
2段:2080.0円(80kwh*26.00円)
合計:5264.8円

 

■Looopでんき
基本料金 :0円
電力量料金
一律:5200円(200kwh*26円)
合計:5200円

 

30A、200kwhだと、Looopの方が、東京電力より安くなります。

 

次に、東京電力が有利になる容量と電力量の小さい家庭をモデルとして計算してみましょう。

 

 

モデル2【契約容量10A・月間の電気使用量120kwh】


■東京電力
基本料金 :280.8円
電力量料金
1段:2342.4円(120kwh*19.52円)
合計:2623.2円

 

■Looopでんき
基本料金 :0円
電力量料金
一律:3120円(120kwh*26円)
合計:3120円

 

こちらでは、東京電力のままで使った方が安くなります。

 

では、どういう場合にLooopでんきが安くなるのか?

 

アンペア数と使用電力でシミュレーシュンしてみると、以下のことが言えます。

 

  • 30A以上の契約をしている方は、使用した電力量に関わらずLooopでんきの方が安い。
  •  

  • 20Aで契約している方は、354kwh以上の電力量を使うとLooopでんきの方が安くなる。
  •  

  • 15Aで契約している方は、389kwh以上の電力量を使うとLooopでんきの方が安くなる。
  •  

  • 10Aで契約している方は、424kwh以上の電力量を使うとLooopでんきの方が安くなる。

 

結論を言うと、

  • 30A以上で利用している方はLooopでんきが絶対有利です。
  •  

  • 一方、20A以下の方で、一般的な使用量の方(このアンペア数で300kwhの電力量はまれ)は、東京電力のままの方が得なので切り替えを検討する必要はありません。

 

 

検針票を用意して今すぐシミュレーションを!

 

以上、一人暮らしの方のモデルケースで、Looopでんきと東京電力の料金を比較してみました。

 

Looopでんきに切り替えてトクになるかどうかは、契約しているアンペア数と、使っている電力量によって決まります。

 

上記はモデルケースでのシミュレーションでしたが、Looopでんきでは、現在お使いの地域電力会社の検針票さえあれば、簡単に個別のシミュレーションができます。

 

以下から、Looopでんきのシミュレーションサイトへ移りますので、関心のある方は試してみてください!(↓)

 

>>>安くてエコなLooopでんき。料金シミュレーションはこちら

 

シミュレーション方法を詳しく知りたい方は、以下で解説しています。(↓)

 

>>>Looopでんきのシミュレーション方法を1分で解説します!

 

すぐにでもLooopでんきに申し込みたい方はこちら。(↓)

 

>>>安くてエコなLooopでんき。申込ページはこちら

 




(↑)シミュレーション後、そのまま申し込みもできます。

 

Looopでんきだけでなく、料金シミュレーションで電力各社から最安値を選びたい方は、エネチェンジから検索してみてください(↓)