Looopでんきの評判※3つの悪い口コミから見えた真実!

Looopでんきの評判※3つの悪い口コミから見えた真実!

>安くてエコなLooopでんき。申込ページはこちら<

 

>どっちが安い?Looopでんき vs 楽天でんき ガチ比較!<

 

Looopでんきに切り換えると、「電気代が安くなって、エコになるよ!」と言われても、実際に切り換えた人が今どう感じているかが気になりますよね。

 

申し込む前に、しっかり確認して納得して決めたいと思うのは当然です。

 

ここでは、Looopでんきに実際に電気切り換えをした人の評判を「良い口コミ」と「悪い口コミ」に分けて紹介します。

 

そして、悪い口コミに向き合って分った3つの真実についても解説していますので、ぜひ読み進めてくださいね。

 

 

Looopでんきの気になる口コミ

 

良い口コミを見てみましょう。

 

基本料、違約金不要。分かりやすさが契約の決め手!

 

2016年6月から契約をして、現在4か月経ちますが、トータルで東電比約1300円安くなりました(月平均325円)。

 

電気の使用量は元々少なかったのですが、切替前にいくつかの候補を選び、昨年の使用量実績値からエクセルで各社の料金を試算をした結果、我が家ではLooopでんきが最もお得との結論が出ました。

 

Looopでんきを選んだ理由は、料金もさることながら、

  • 解約時の違約金がないこと
  • 他の条件との抱き合わせでお得感を演出しないこと
  • 電力量による単価が単一であること
  • 基本料金がないこと

等、すっきりした体系で設定されていることが決め手になりました。

 

東電に比べ月2000円ダウン!エコにも貢献できる。

 

夫婦二人ですが、エアコンとキッチンにIHのレンジがあることや、電球、蛍光灯もLEDだが数が多いので、新電力を検討していました。

 

各電力会社を試算し、比較検討して「Looopでんき」に決めました。

 

ネットで申込み、しばらくして電力積算メータを「スマートメータ」に切り替え工事のメールが来て、簡単に工事が終わりました。

 

初回の明細を見ると、東京電力に比べ、ひと月2000円も下がっていました。 1年間では2万円以上節約になるかもと期待しています。。

 

夏より冬の方が暖房で使うので、もっと大きな差が出るでしょう。

 

検針票もないし、メールで送られてくる利用明細書で使用量も分かるので、エコに貢献しています。

 

 

関電より何と月1万円の差!安さを実感。

 

待ちに待ったループでんき8月25日に請求確定しました。

 

我が家は、完全分離二世帯住宅の7人家族。今月は1500kwの使用量でコミコミで3万5千円也。やすっ!

 

これまでの、関西電力従量電灯Aの契約であれば約4万5千円なので、1ヶ月で1万円のコストダウンとか。

 

このまま、行けば年間12万節約!高級ステーキ30枚はいけるかも。

 

まあ、秋冬はここまで差が出ないか?

 

 

初めての検針で大満足。基本料金分がまるままお得!

 

当方中部電力を使っていましたが、Looopでんきに切り替え。

 

先日、1ヶ月経って、初めての検針結果が出ました。

  • 昨年8月検針分(中部電力)   225kWh 7,776円 (中部電力)
  • 今年8月検針分(Looopでんき) 229kWh 5,449円 (Looopでんき)  
  • 昨年同月比 −2,327円

当方は、10kVAの契約で基本料金が約2,800円ですが、昨年の同時期とほぼ同等の電気使用量にて、概ねその基本料金に近い金額分が削減された感じで、大変満足です。

 

我が家は冬季に電気代がかなり増えますが、シミュレーション通り年間2万円以上の削減となりますことを期待したいところです。

 

 

「北電」にお布施をするのは、もうやめましょう!

 

北電から乗り換えで3ヶ月経ちます。3Lマンション、従量電灯Bからの乗り換えです。

 

以前と比べ、単純に月1500円くらい浮きました。落ちないし、安いし、何ら変わらないのでホント最高です!

 

前日でしたらHPで30分単位でどのくらい使っていたかも解りますしね。嬉しくて、会う人会う人に勧めています。

 

北海道の皆さん、北電にお布施するのは、もうやめましょう!重い腰を上げましょうよ。

 

 

料金が超安くなり、大満足!

 

北海道は全国で1番高い単価です(北電は3.11の震災以降、唯一2度の値上げ実施)。

 

今月は、北電の料金試算と比べると 5,071円安くなっています

 

年間の使用量で試算すると去年が7,240Kwh だったので 約56,000円/月約4,600円安くなる予定です。

 

請求書もマイページでPDFで印刷もできます。

 

以前の北電でも、「Web料金お知らせサービス」でペーパーレスだったので変わらないですし、支払もクレジットカードだったのでほとんど変わりません。

 

使い勝手は変わらなくて、料金は超安くなり、大満足です。

 

実家(両親、兄家族/北海道)にも勧めたところ、12月上旬に契約し、メーター交換も2週間かからずで 1月中旬から供給開始になるようですよ。

 

それぞれ年14,000円(月1,200円)くらい安くなるようで喜んでいます!

 

 

良い口コミをまとめてみると、

圧倒的に料金面のお得さを挙げられています。

  • 電気代全体が安くなった。
  •  

  • 基本料が要らないのが良い。
  •  

  • 解約時の違約金が不要なのも決めての一つ

が多いと気づきますね。

 

やはり、基本料がゼロで使った分だけ支払うことや、解約時の違約金が不要など、料金が安くなることに加え、料金体系のシンプルさも受けています。

 

地域別のコメントはスペースの関係で載せていませんが、どの地域でも、”料金が安くなった”という実感は概ね変わりません。

 

>>>安くてエコなLooopでんき。料金シミュレーションはこちら

 

 

悪い口コミを見てみましょう。

 

ダイムリーに使用電力が確認できない。

 

間違いなく価格だけならここが安いと思います。縛りもなく電気は当該の電力会社からですので問題ありません。

 

ただ、サービス面で、某電気会社では、日別・時間別・月別などタイムリーに現在の使用状況を自分のパソコンで確認できるシステムがありますが、この会社には2日前までのデータを30分単位で見られることしかできません。

 

「タイムリーな使用状況を見られない」の理由で、私は別の会社と契約しました。タイムリーに見られるようになればLooopでんきに切り替えたいと思います。

 

解約日が”手続き終了日”ということに不満

 

解約でトラブルがありましたので共有します。

 

Looopでんきの解約は、解約の意思表示をした日ではなく、Looopでんき側で手続きが終わった日との事で、私の場合は2日かかりました。

 

もし1週間かかったら1週間分の電気料金請求が来るのでしょうか。

 

私は、引っ越しで後ろの入居者がいたので、2日分その人の電気代を私がLooopでんきへ支払うことになります。

 

その人はその人で別の電気会社に電気代を支払っているでしょう・・・。何かおかしいと思うのは私だけでしょうか。

 

申込をしたのに、"キャンセル"されていると案内。

 

3月半ば過ぎ、ネットでLooopでんき(ウチにとっては断然有利!)の存在を知り、東電「プレミアムプラン」を契約する寸前で、Looop社に申込(契約番号取得)しました。

 

ところが、一向にマイページの案内が来ず、変に思い電話照会したところ、「貴方の申込はキャンセルになってます」との回答にビックリ!

 

その後、電話で応対を続け、ようやく5/10に受電開始しました。

 

まあ、今まで地域独占にあぐらをかいていた巨大電力会社に戦いを挑んでいるベンチャー企業で、太陽光発電でも頑張っているLooop社ですから、初動の混乱は大目に見てあげて下さい。

 

契約内容確認中のまま連絡なし

 

Looopでんきを申し込んだものの、最初の受付完了メールが届いて以降2ヶ月経っても音沙汰なし。マイページを見たら、「契約内容確認中」の表示。

 

電話で確認したところ、「申込内容に不備があり止まっている状態」との事で、メールも電話番号も登録してあるのに、何故何の連絡もよこさないのか。

 

申込が予想以上に多く、問題の無い申込者から捌くのに精一杯で、当方の用に不備が有った者は後回しにされていたようだが、連絡も無いというのはいくら忙しくても会社としてどうかと思う。

 

悪い口コミをまとめてみると、

  • 電気の使用量が見られるWEBサービスがタイムリーではない。
  •  

  • 解約日が申込時ではなく、手続き完了時なので、余計な料金を払ってしまう。
  •  

  • 申込みをしたが音沙汰なし。連絡がないなどサービスが悪い。

の3点を見つけることができました。

 

>>>安くてエコなLooopでんき。料金シミュレーションはこちら

 

 

3つの悪い口コミに向き合って分かった真実は?

 

電気の使用量が見られるWEBサービスがタイムリーではない。

 

これは、個人として何を重視するかという問題だと思います。

 

電気の使用量をタイムリーに見られればベストですが、その分費用が掛かり、料金に跳ね返ってしまうのが実情です。

 

Looopでんきでは、「おとといまでのデータを30分単位」で見ることができます。

 

このレベルで十分だという方が大多数だと思いますが、不満な方は他の電力会社をオススメします。

 

 

解約日が申込時ではなく、手続き完了時なので、余計な料金を払ってしまう。

 

設備の手続きが関係するので、解約は電気を止めたい日から少し前に連絡するのが、一般的な常識だと思います。

 

実は、この口コミの後に他の方からも返信があり、上に書いた同内容のことをコメントされ、ご本人も納得されています。

 

Looopでんきのよくある質問にも、以下のQ&Aがあります。

引越しをするのですが、どんな手続きが必要ですか?
「Looopでんき」の供給エリア内でのお引っ越し、供給エリア内から供給エリア外へのお引っ越し、いずれの場合もお引越しの10日前までにご解約のお手続きをお願いいたします。

ご解約のお手続きに関しては、Looopでんき コンタクトセンター(0120-707-454)にお問い合わせください。

引越しなので電気を止める際は、10日前までに連絡しましょう。

 

 

申込みをしたが音沙汰なし。連絡がないなどサービスが悪い。

 

これは、サービス業として問題ですね。

 

ユーザーを不安にさせるのは、もっての他です。

 

ただ、この口コミは、2016年4月の電力自由化解禁の頃のものなので、大量の申込みとオペレーションの不慣れが相まって、このようなサービスレベルになったものです。

 

現在は、オペレーションにも慣れ、申込も平準化していますので、このような不満もあまり見受けられません。

 

例えば、2017年8月の口コミには、

引越を機に電力会社を変えようと思いましたが、時間がなく決めかねていたところ、「基本料金が不要で解約金もいらない」という点が決め手になり、Looopでんきを選びました。

 

引越してすぐに電気が使えるのか不安もありましたが、Looopでんきは、こちらの開通希望日にしっかり応えてくれました。

 

最初の料金明細を見るとホント驚き!目に見えて安くなっていました。

サービスを開始して、かなりの期間が経っているので安定しているのだと思います。

 

安心して大丈夫ではないでしょうか。

 

ちなみに、新電力なので停電のときが心配!というのは誤解です。

 

Looopでんきに切り替えたとしても、Looopでんきは「発電」の役割であって、送電の部分は従来と変わらず、地域の電力会社(関東であれば、東京電力)が担当します。

 

だから、停電の際の対応は地域電力会社が対応することになり、これまでと変わりません。

 

この点も理解することで、皆安心されています。

 

Looopでんき、10万件の申し込み突破(2018.4.11報道発表

 

Looopでんきは、2016年4月のサービスを開始しましたが、ちょうど2年経った2018年3月末に、10万件の申し込みを突破したことを発表しました。

 

2年で10万件の数字は、本当に評判が悪いサービスだと達成できないですね!

 

Looopでんきは安心。電気切り替えで、安くてエコな生活を!

 

以上、Looopでんきに関する口コミを紹介し、”3つの悪い口コミ”と、その不満に対してどんな理由があるのかを解説してきました。

 

納得できたでしょうか?

 

Looopでんきは、単に料金が安くなるだけでなく、

  • 「使った分だけ料金がかかる」という分かりやすさ
  •  

  • 全国エリアで対応
  •  

  • 太陽光発電システムを使うと更に割引

 

など、新電力の中でも特色のある電力会社です。

 

この内容に魅力を感じない方にはお勧めできませんが、「電気代が安くなることはもちろん、地球環境にやさしいエコに貢献したい!」という方にはオススメできます。

 

この機会に是非、Looopでんきへの切り替えを検討してくださいね!

 

まずは、どれだけ安くなるかシミュレーションから始めてみてください!(↓)

 

>>>安くてエコなLooopでんき。料金シミュレーションはこちら

 

Looopでんきの申込ページはこちら!(↓)

 

>>>安くてエコなLooopでんき。申込ページはこちら

 




(↑)シミュレーション後、そのまま申し込みもできます。

 

Looopでんきだけでなく、料金シミュレーションで電力各社から最安値を選びたい方は、エネチェンジから検索してみてください(↓)