どっちが安い?Looopでんき vs 東京電力 ガチ比較!|おうちプラン

どっちが安い?Looopでんき vs 東京電力 ガチ比較!

>>>安くてエコなLooopでんき。申込ページはこちら<<<

 

「Looopでんき」に電気切り替えをしたら、「基本料金ゼロ」で使った分だけ払うので、何となく安くなるのは分かった。

 

でも、結局今使っている電力会社と比べて、具体的にどれだけ安くなるの?と感じている人も多いと思います。

 

ここでは、Looopでんき東京電力料金を、同じ電力を使ったと仮定して、色んなモデルケースで比較してみたいと思います。

 

切り替える前に、しっかり納得して決めたいですものね!

 

 

比べるにあたり、Looopでんきと東京電力の条件を合わせるため、家庭で良く利用されている

  • Looopでんき おうちプラン
  •  

  • 東京電力 従量電灯B

で比べてみました。

 

 

東京電力(従来プラン)とLooopでんきとの比較

 

電気料金の構成は、両社とも

  • 基本料金

    月々の使用する量に関わらず必ず掛かる料金

  •  

  • 電力量料金

    使った量に応じて追加される料金(いわゆる従量制料金)

に分かれます。

 

まず、「基本料金」を比較してみましょう。

 
 

単位 東京電力(円) Looopでんき(円)
10A 1契約 280.80 0
15A 421.20 0
20A 561.60 0
30A 842.40 0
40A 1123.20 0
50A 1404.00 0
60A 1684.80 0

 

ポイントは2つです。

  • 東京電力では、アンペア数によって7段階に分かれており、アンペア数が上がるほど高くなります。
  •  

  • 一方、Looopでんきは、基本料金がゼロ。すなわち不要です。

とってもシンプルですね。

 

基本料金ゼロなので、使った分だけ払えば良いということです。

 

また、新しい電力会社によっては、20A以下のプランがない所もありますが、Looopでんきでは、そのアンペア数でも利用できる上に、基本料金は掛かりません。

 

少ない電力で利用の方も大丈夫ですよ!

 

 

次に、「電力量料金」を比較してみましょう。

 

 

単位

 

東京電力 Looopでんき
  単価(円)   単価(円)
第1段階

1kWh

120kWhまで 19.52 一律 26
第2段階 120kWh超え300kWhまで 26.00 一律 26
第3段階 300kWh超え 30.02 一律 26

ポイントは2つです。

 

東京電力では、

 

利用電力量によって単価が3段階に分かれていることと、料金だけでなく単価自身が上がるということです。

 

つまり、電気料金は利用料に応じて、比例的に上がるのではなく、利用量が多くなるとより高くなるということですね。

 

Looopでんきは、

 

利用量に関わらず単価は一律(26円/kwh)です。

 

こちらは、東京電力とは違って、利用量に応じて比例的(1kwhごと)に上がっていきます。

上の表で明らかなように、電力量料金だけ見ると、120kwh以下では東京電力が安く、120kwh超〜300kwhでは同一、300kwh超ではLooopでんきの方が安くなります。

 

ただ、基本料金と電力量料金の差が違うので、一概にどちらが得とは言いにくいですね。

 

ということなので、具体的にモデルケールで両社のいずれが安いか比較してみました。

 

 

モデルケースでのシミュレーション

 

モデル1【契約容量60A・月間の電気使用量350kwh】


■東京電力
基本料金 :1684.80円
電力量料金
1段:2342.4円(120kwh*19.52円)
2段:4680.0円(180kwh*26.00円)
3段:1501.0円(50kwh*30.02円)
合計:10208.2円

 

■Looopでんき
基本料金 :0円
電力量料金
一律:9100円(350kwh*26円)
合計:9100円

 

60A、350kwhだと、Looopでんきの方が、東京電力より安くなります。

 

では、もう少し容量と電力量の小さい家庭をモデルとして計算してみましょう。

 

 

モデル2【契約容量40A・月間の電気使用量250kwh】


■東京電力
基本料金 :1123.20円
電力量料金
1段:2342.4円(120kwh*19.52円)
2段:3380.0円(130kwh*26.00円)
3段:0円(00kwh*30.02円)
合計:6845.6円

 

■Looopでんき
基本料金 :0円
電力量料金
一律:6500円(250kwh*26円)
合計:6500円

 

こちらても、Looopでんきの方が安いですね。

 

では、東京電力の方が安くなるケースはないのか?

 

アンペア数と使用電力でシミュレーシュンしてみると、以下のことが言えます。

 

  • 30A以上の契約をしている方は、使用した電力量に関わらずLooopでんきの方が安い。
  •  

  • 20Aで契約している方は、354kwh以上の電力量を使うとLooopでんきの方が安くなる。
  •  

  • 15Aで契約している方は、389kwh以上の電力量を使うとLooopでんきの方が安くなる。
  •  

  • 10Aで契約している方は、424kwh以上の電力量を使うとLooopでんきの方が安くなる。

 

結論を言うと、

  • 30A以上で利用している方はLooopでんきが絶対有利です。
  •  

  • 一方、20A以下の方で、一般的な使用量の方(このアンペア数で300kwhの電力量はまれ)は、東京電力のままの方が得なので切り替えを検討する必要はありません。

 

>>>安くてエコなLooopでんき。料金シミュレーションはこちら

 

>>>安くてエコなLooopでんき。申込ページはこちら

 

 

東京電力(新プラン)とLooopでんきとの比較

 

実は、東京電力も電力自由化という競争に黙っている訳ではありません。

 

東京電力自身でも「新プラン」を提供し、参入してきたLooopでんきを始めとした新電力に対抗しています。

 

新プランは申込制なので、申し込みをしていない方は現在も従来プランのままです。

 

 

では、この新プランとLooopでんきの料金とを比較してみましょう。

 

なお、新プランでは従来プランの「従量電灯B」と同等の「スタンダードS」で比較しています。

 

東京電力の新料金プランは、基本料金は従来プランと同じで、電力量料金(従量制料金)が変わります

 

 

単位

 

東京電力 Looopでんき
  単価(円)   単価(円)
第1段階

 

 

1kWh

 

 

    一律 26
第2段階 300kWhまで 23.40 一律 26
第3段階 300kWh超え 30.02 一律 26

 

東京電力の新プランの変更点は以下2つ

  • 電力単価の節目が、3段階から2段階になった。
  •  

  • 120kWhまでの単価が値上げになり、120kWh〜300kWhの単価が値下げになった。

新プランの考えは、電力を良く使う家庭が、他社へ「電気切り替え」をされる防御策だと考えられます。

 

では、従来ブランと同様に、モデルケースで両社のいずれが安いか比較してみました。

 

 

モデルケースでのシミュレーション

 

モデル1【契約容量60A・月間の電気使用量を350kwh】


■東京電力
基本料金 :1684.80円
電力量料金
1段:7020.0円(300kwh*23.40円)
2段:1501.0円(50kwh*30.02円)
合計:10205.8円

 

■Looopでんき
基本料金 :0円
電力量料金
一律:9100円(350kwh*26円)
合計:9100円

 

 

モデル2【契約容量40A・月間の電気使用量250kwh】


■東京電力
基本料金 :1123.20円
電力量料金
1段:5850.0円(250kwh*23.40円)
2段:0円(0kwh*30.02円)
合計:6973.2円

 

■Looopでんき
基本料金 :0円
電力量料金
一律:6500円(250kwh*26円)
合計:6500円

 

モデル1、2ともLooopでんきの方が、東京電力よりも安くなっています。

 

では、従来プランと同様に、アンペア数と使用電力でシミュレーションして、東京電力の方が安くなる場合を調べて見ました。

 

  • 30A以上の契約をしている方は、使用した電力量に関わらずLooopでんきの方が安い。
  •  

  • 20Aで契約している方は、電力量が355kwh以上もしくは216kwh以下なら、Looopでんきの方が安くなる。
  •  

  • 15Aで契約している方は、電力量が390kwh以上もしくは162kwh以下なら、Looopでんきの方が安くなる。
  •  

  • 10Aで契約している方は、電力量が425kwh以上もしくは108kwh以下なら、Looopでんきの方が安くなる。

 

結論は、従来プランと同じように、

  • 30A以上で利用している方はLooopでんきが絶対有利です。
  •  

  • 一方、20A以下の方で標準的な電力使用量の方は、東京電力のままの方が得なので切り替えを検討する必要はありません。

 

 

Looopでんきで、安くてエコな生活を!

 

以上、Looopでんきと東京電力の料金について、モデルケースで比較してみました。

 

大半の家庭は30A以上で利用しているので、Looopでんきに切り替えた方が絶対得なのが良く分かると思います。

 

またLooopでんきは、単に料金が安くなるだけでなく、

  • 「使った分だけ料金がかかる」という分かりやすさ
  •  

  • 全国エリアで対応
  •  

  • 太陽光発電システムを使うと更に割引

など、新電力の中でも特色のある電力会社です。

 

この内容に魅力を感じない方にはお勧めできませんが、「電気代が安くなるだけでなく、地球環境にやさしいエコに貢献したい!」という方は更にオススメできます。

 

30A以上でお使いの方は、このままでは損をし続けてしまいますよ!

 

まずは、どれだけ安くなるか、シミュレーションから始めてみてください!(↓)

 

>>>安くてエコなLooopでんき。料金シミュレーションはこちら

 

Looopでんきの申込ページはこちら!(↓)

 

>>>安くてエコなLooopでんき。申込ページはこちら

 




(↑)シミュレーション後、そのまま申し込みもできます。

 

 

Looopでんきに魅力を感じない方は、東京ガスの電気をご検討ください!

 

>>>【電気乗り換え】迷ったら、まとめておトクな東京ガス!

 

>>>還元率1.5%!東京ガスの電気。パッチョポイントはこちら!

 

Looopでんきだけでなく、料金シミュレーションで電力各社から最安値を選びたい方は、エネチェンジから検索してみてください(↓)